New Game blog

ブログ主Anonが主にゲーム関連について呟くorゲーム・アニメ関連まとめブログです。稀に芸能ネタや面白ネタ、音楽関連やイベント情報など他ジャンルの内容を記載することもあります。

ホライゾン・ゼロ・ドーンを開始したってよその2

ノラ族に受け入れられ、運命の旅立ちを迎えたアーロイ。
襲撃者に情報を与えたであろうオーリンを探さなければならない。しばらくの目的は襲撃してきた敵の追跡と情報収集だろう

神の山を下りて門に辿り着くが新団長のレッシュはアーロイを呪われし子と呼び、一向に門を通してくれない。新たなる使者となったアーロイと新団長レッシュの小競り合いが続いていると門の外に敵の集団が現れる。

その中にいる巨大なサソリの姿をした機械獣(ホライゾンに登場する敵は動物のような姿をした機械。以後機械獣)
は黒い呪いを他の機械獣に浴びせる。

黒い呪いを浴びせられた機械獣はその巨大なサソリに操られた状態になり、機械獣の群れが結成されてしまった。

機械獣の群れは閉ざされた門を突き破り、義勇兵との集団戦闘が開始される。

機械獣の群れが門を破るまでに時間がかかるので、他のCPU(義勇兵)が静かに待機している中、急いでトラップを仕掛けまくるアーロイ。

門が破られるとすぐに機械獣たちは罠に引っ掛かりマヒ状態に。。うーん。実に気持ち良い。。
まずは周りの雑魚を始末し、残るは巨大なサソリですがこいつがやっかいで苦戦しました。
近づけば尻尾攻撃、離れたら岩やら火の玉を飛ばして、挙げ句の果てには大ジャンプして突っ込んできます。

クルクル飛び回りながら回避し、火の矢を撃ち込むアーロイと義勇兵
これ…義勇兵が一緒に戦ってくれないと勝てる気がしませんでした…強すぎた…

巨大なサソリをなんとか撃破したアーロイ。
お得意の推理を始め、名探偵アーロイの誕生を予感させる。
なぜ、この巨大なサソリは他の機械獣を操作できたのか?
フォーカスを使いあらゆる場所を調べてみる。
(フォーカスとはアーロイが幼少期に絶対に立ち入ってはならない遺跡に迷い込み、死体から引き抜いたハイクオリティーなデバイス。使用するとSFチックな空間に包まれ、開かない扉を開いたり、機械獣の分析をすることが可能になる)

フォーカスを駆使し、サソリから気になる部品を引き剥がし、弓矢の鞘に取り付けるアーロイ。
これで機械獣を操ることができるかもしれない。

……ビンゴでした。
ステルスで敵に近づき、新技オーバーライドを使用すると機械獣に乗って走り回れるようになりました
。敵を操って一緒に戦ったり、乗り物にできるシステムです。
口笛を吹けばどこにでも駆けつけてくれるのはウィッチャー3の馬そのものです。

頼もしい味方を手に入れ、颯爽と草原を駆け抜けるアーロイ。壊れた門を見つけ、その先からは戦闘の様子が伺える。

使者として旅立つ際に、族長にまずは門番であるヴァールという人物に会えと指示をされました。
そして壊れた門の先では探していたヴァールがいて丁度タイミングよく戦闘を終えたあとでした。

ヴァールによると襲撃者を追った義勇兵(仲間)はほぼ壊滅。義勇団長のソナも行方不明になったので捜索して欲しいと依頼を受けます。


段々とクエストが貯まってきたところで今回の旅は終了です。


道中でクレンという怪我人と遭遇し、狩り場で腕試しをすることになり、そこでかなりの時間を食ってしまいました涙

逃げ回るヤギ型機械獣を矢で射ったり、罠にはめたり、丸太をぶち当てたりしてタイムを計測。
見事に目標タイムをクリアし、褒美をゲット☆
だが、このイベントでかなり疲れてストーリーを進められず。。
オープンワールドではお馴染みの寄り道をしてストーリーは放置するプレイが始まろうとしてます笑

Horizon Zero Dawn 初回限定版 - PS4

Horizon Zero Dawn 初回限定版 - PS4